イメージングセンターの利用方法

もくじ

利用の前に – 主な問い合わせと回答

観察の前に – 打ち合わせや、機器の見学

センターの利用を希望する場合は、まず[お問合わせ]から、目的としている観察の概要をお伝えください。こちらで内容を確認した後、メールで連絡いたします。

時間がありますなら、まずは当センターで打ち合わせを行うとともに、当センターの各設備を直接ご覧になってもらうのが理想的です。私たちスタッフは、詳細な観察内容を直接うかがうことで、目的に応じた最適の観察方法を提案します。
このときに“観察が可能かどうかの確認”(この段階では、原則データの持ち帰りは不可)として、サンプルの一つを持参してもらい、私たちがトライアル観察を行うことも可能です。

遠方で研究を行っているなど(水産学部の方、他大学・一般企業の方など)、なかなか当センターまで来られない場合も、スライドガラスなどのサンプルを送付してスタッフが観察を行う委託観察、特にMS-Teamsで観察状況を遠隔地から確認できるリモート観察も対応を開始しました。こちらにつきましても、まずはお気軽にお問い合わせください。

各顕微鏡の利用料金に関して

各顕微鏡の利用料金一覧

当センターの各顕微鏡は、大学のオープンファシリティ(北大の研究機器や設備の共同利用システム)に登録されており、消耗品の補充や機器利用の電気代等として、以下となる課金の徴収を、またオープンファシリティの規則により初回利用講習料(全顕微鏡で3時間:24,000円)も課しております。

予約キャンセルでの利用料金に関して

以上の利用料金は、消耗品や電気代から算出した者であり、すなわち「実際の機器の利用」に対して発生いたします。そのため早い段階で、利用の取消しを連絡していただく場合は、原則として利用料金は徴収いたしません。
しかし以下のような場合は、他の利用者の利用機会の消失にあたるため、システムでの予約時間に相当する利用料金を課します。その顕微鏡の混雑度合いや、キャンセルした時間帯の実際の利用の有無などは、一切考慮しません。

  • そもそも、連絡なく来ないとき.
  • 利用開始時刻より、24時間前以降の直前の取消し.
  • 数日間など長期間予約を行いながら、一部のみの利用.
    *いつサンプルが準備できても使えるよう、「とりあえず3日間とっとく」などと推測されますが、極めて不誠実で、他の利用希望者に著しい迷惑となります。この場合、「すべての予約時間」を課金対象とすることを、あらかじめ認識ください。
  • システムから予約を行ったが、機器を全く利用しない、解析のみの利用.
    *機器を使いたい方が優先です。解析でパソコンを利用したい場合は、スタッフにご相談ください。
  • キャンセルが相次ぐ場合は、最初の取り消しから30日以内で3回め以降のキャンセル.

トライアル観察を行ってみよう

最初に初回利用者講習を行いますが、できる限り、実際に観察したいサンプルをお持ちください。ただしサンプルの持ち込みに関しては、以下の[サンプル持ち込み方法と注意点]を、必ずご覧ください。利用にあたっての注意事項は、[利用にあたっての注意点](PDFファイル)にもまとめております。

初回利用講習は、スタッフが丁寧に説明いたしますので、顕微鏡に初めて触れるような初心者の方でもご安心ください。もちろん講習以降も、操作方法に不明の点などがあれば、いつでも対応します。当センターの機器で目的の観察ができるか確認したい場合も、まずはご相談ください。スタッフが機器を操作しますので、スムーズに検討できると思われます。なお当センタースタッフからの初回講習を受けていない方は、一切の利用を認めません。

北大の機器利用システムへの登録方法。

北大では、早い段階から機器の共同利用化が進んでおり、共同利用システム(オープンファシリティ)が確立しております。利用者は機器の利用申請、初回利用の依頼、利用予約など、オンラインで操作が可能です。

ただし利用にあたっては、北大の教職員番号(SSO-ID)をお持ちの教員(利用責任者)が、学生など(利用者)を登録する必要があります。学外利用者も概ね同様ですが、確認のため少し時間がかかる可能性があります。
次に利用責任者が、利用者に「システムに登録されている機器の中から、利用してよい装置」を指定します。
申請内容を考慮してスタッフが承認を行うと、機器利用(予約)が可能になります。
また担当教員は、研究室秘書などを「補助担当者」とすることも可能です。補助担当者は、学生などの登録や利用料金の財源指定などを、教員に代わって行えますので便利です。
以下では、学内と学外の研究者に分けて、システムでの登録方法を記載します。

また、学生の登録方法については、簡単な「北大の学生の登録方法マニュアル」を作成しましたので、参考となりますならば幸いです。

学内研究者の登録方法

学外研究者の登録方法

利用前の確認事項

利用者登録が完了して、”正式なユーザー”となるまでは、原則としてオリジナルデーターの持ち出しは認めておりませんので、ご了承ください。「イメージングセンターでのトライアル観察で取得」といった文字を挿入した画像/動画ファイルに限り、許可します。
トライアル観察の画像が無許可で発表された…など、当センターが望ましくない事例が過去にありましたため、ご理解ください。

また当センターの顕微鏡システムは、さまざまな観察目的に応じて使い分けることが可能です。一例として、まずStation-3(蛍光顕微鏡)の利用を希望したものの、Station-4(共焦点)のほうが適していることがわかった―という事例も多いです。あるいは、良好な顕微鏡画像が取得できるため、研究室の他のメンバーも利用を希望する、新規配属の学生も利用を希望する、といった相談も多いです。

操作説明のたびに初回利用講習料をいただくのも恐縮ですので、「当センターを継続して利用している研究室」は、2回め以降の初回利用講習料は不要です。1名のみにでも、あるいは何回でも初回指導も行いますので、「都度めんどうをかけて申し訳ない…」などと遠慮せず、ご依頼ください。
“継続利用”のめやすは、直近の利用が1年以内とお考えください。さすがに利用が1年以上空きますと、新規ユーザー扱いとなる…と考えてください。

こうした装置の初回利用講習については、以下のルールを厳守ください。特に2番めにご注意ください。つまり、ユーザーが操作指導を他の人に行うと、その研究室全体の利用ができなくなります。
同じ研究室の学生のデーターを至急で撮りたい!というような事態となれば、ぜひスタッフに依頼してくださればと思います。ベストな画像を撮ります!

  • 当センタースタッフが初回操作指導を直接実施し、許可を得たユーザーのみが機器利用が可能であり、それ以外の者には利用を一切、認めない。学部・大学院教育において指導的立場のある教職員等の指示があったとしても、一切、認めないものとする。
  • スタッフでないにも関わらず、他の者に初回操作指導を行ったと称して他者に利用させた場合には、該当課題の利用許可を取り消す。学部・大学院教育において指導的立場のある教職員等の指示によるものであっても、例外は無い。
  • 使用許諾の無い時間帯に、スタッフの許可の無く入室することは、目的を問わず厳禁とする。

当センターへのサンプルの持ち込み(特に培養細胞)に関しては、別ページにまとめましたので、こちらをご覧ください。

機器の予約利用

利用登録が完了いたしましたら、GFC-IDとパスワードでログインし、[マイページ]の装置一覧から、随時予約を行って構いません。
[北海道大学:オープンファシリティ]

そして[機器詳細: 予約する]から、利用を希望する時間を登録してください。このときに当センタースタッフのスケジュール(不在・対応不可など)も確認できますので、特に機器利用に自信がない方は、参考としてください。
誰が予約を行っているかを明確とするため、[実際に利用する方のIDで予約を行う]ことでお願いいたします。一人のIDを研究室の皆が使いまわすことは、ご遠慮ください。

予約のスケジュールに合わせて、当センターまでお越しください。
スタッフはほぼ常駐しておりますので、わからない点があれば、あるいは操作説明を受けた事項以外で試したい観察方法などがあれば、いつでもご相談ください。

もくじ
閉じる