Nikon Imaging Center at Hokkaido university

Station-4:リアルタイム共焦点顕微鏡

488nmの半導体レーザーを励起光源として、信号伝達などの高速な生理機能動態を捕捉できるニポウディスク走査式リアルタイム共焦点顕微鏡.

CSUによる多点走査の原理などについては、[Molecular Expressions Microscopy Primer: CSUによる共焦点観察の原理など]の[Intaractive Flash Tutorials]では、Flashを用いて動的にわかりやすい説明があります(Yokogawa Spinning Disk Scanning Unitになります)。他にも各種の顕微鏡での観察方法などに非常に多くの解説が網羅されており、特にこのFlash-Tutorialが導入されている箇所は、(英語サイトではあっても)一目瞭然ですので、おすすめです。

顕微鏡 ニコン 電動倒立顕微鏡 Ti
電動ステージ、高速Zステージ、パーフェクトフォーカスシステムを搭載
CSU 横河電機 ニポウディスク共焦点ユニット CSU10
*現在はCSU-10は生産終了となったため、リンクはCSUシリーズのトップとしております。
EM-CCDカメラ 浜松ホトニクス ImagEM
*同一の機種は生産完了となりましたので、リンクは後継のカメラにつけております。
培養装置 東海ヒット INUG2-TIZB
フィルター交換ユニット Ludl MAC 5000 高速フィルターコントローラ, フィルターホイール 99A354/99A351
**両製品は生産終了となり、各リンクは後継機種のものにつけております。
除振台 明立精機 除振台 AY-1209K4
(提供:システムブレイン)
暗幕 明立精機 組立式暗室 XRM-1411K4
(提供:システムブレイン)

他の設備

NICの
設備一覧
イメージングセンターの設備一覧に戻ります。
Station-1 高速共焦点顕微鏡。スペクトルイメージング対応のレーザー共焦点顕微鏡です。更に高速スキャナも搭載されており、光刺激と同時観察も可能です。
Station-2 全反射蛍光顕微鏡(TIRF)。ガラス基板すぐ上のみの領域の蛍光を観察します。
*現状では、励起レーザーは488nmのみです。
Station-3 多色蛍光タイムラプス顕微鏡。スタンダードな蛍光顕微鏡で、ドライタイプの対物レンズでは多点観察も可能です。
Station-5 当センターで新規に構築した顕微鏡システムの、マルチビーム走査型2光子顕微鏡(CSU-MP)。2光子顕微鏡とCSUの特性を生かして、励起光が低侵襲であるうえ(光ダメージの低減)、深部観察・高速画像取得に対応しております。
対物レンズ一覧 当センターにある対物レンズ一覧です。*PDFファイル(54kb)が別ウインドウで開きます。
フィルター一覧 当センターにある蛍光観察用のフィルターセット一覧です。*PDFファイル(44kb)が別ウインドウで開きます。
試薬一覧 (主に)協賛企業から提供を受け、利用者に提供可能な試薬です。