NICからのお知らせ

2017/02/17

 イメージング支援事業のシンポジウム(ABiS Symposium: Towards the Future of Advanced Bioimaging for Life Sciences)参加、ならびに沖縄科学技術大学院大学での光学顕微鏡トレーニング研修会の出張のため、以下の日程で一切の利用ができず、また問い合わせへの回答なども遅れる可能性が高いです。

 2月18日(土曜)〜26日(日曜)

 大変申し訳ございませんが、あらかじめご了承くださいませ。


2016/11/28

 当センターでは、先端バイオイメージング支援プラットフォーム:ABiSの共催により、「ファイブスターアソシエーション・ダイナミックアライアンス・ ニコンイメージングセンター 公開シンポジウム -多様な生命機能の可視化解析と操作技術の展開-」を12月1日(木曜)に開催することとなりました。
 このシンポジウムは、当研究所と連携する4研究所の研究者の研究者の講演や、当センター利用者の講演となります。
 こちらにつきましては、どなたでも公聴が可能ですので、興味のございます方は、ぜひご参加ください。

 *画像をクリックしますと、パンフレット(PDFファイル:687kb)が開きます。


ファイブスターアソシエーション・ダイナミックアライアンス
・ニコンイメージングセンター 公開シンポジウム
  • 日程: 2016年12月1日(木曜) 13時00分
  • 場所: フロンティア応用科学研究棟 2階 レクチャールーム
※電子科学研究所ではありませんので、ご注意ください!

13:00 - 13:05 開会挨拶 北海道大学 理事 菅野 政利

13:05 - 13:15 ダイナミックアライアンスの紹介 北海道大学・電子科学研究所 居城 邦治

13:15 - 13:45 講演1 大阪大学 産業科学研究所 山口 明人
 演題: 異物排出輸送の構造的基盤と阻害剤の開発

13:45 - 14:15 講演2 東北大学 多元物質科学研究所 百生 敦
 演題: 量子ビーム位相イメージング技術のバイオ・メディカル応用

14:15 - 14:30 休憩時間

14:30 - 15:00 講演3 北海道大学 電子科学研究所 コア連携ラボ 村田 隆
 演題: 多点走査型2光子共焦点顕微鏡によるマルチプローブイメージング

15:00 - 15:30 講演4 東京工業大学 化学生物科学研究所 石内 俊一
 演題: 生体分子ビルディングブロックの分子認識機能解析

15:30 - 16:00 講演5 九州大学 先導物質化学研究所 新藤 充
 演題: 植物の重力屈性を阻害する化合物の創製

16:00 - 16:15 休憩時間

16:15 - 16:45 講演6 自然科学研究機構 木森 義隆
 ABiS講演: 生命科学分野における画像情報処理とABiS画像解析支援

16:45 - 17:15 講演7 北海道大学 医学研究科 及川 司
 NICユーザー講演:超解像イメージングから見えてくる新しい細胞生物学

17:15 - 17:35 講演8 横河電機株式会社 中山 博史
 NIC協賛企業講演:スピニングディスク共焦点の可能性

17:05 - 17:10 閉会挨拶  北海道大学 電子科学研究所 西井 準治

19:00 - 研究交流会 (サッポロビール園)



2016/09/26

 ニコンインステック社先端バイオイメージング支援プラットフォーム:ABiSの共催により、「第5回 蛍光イメージング・ミニシンポジウム」を9月30日(金曜)に開催いたしました。

 このシンポジウムは、4年前より継続して学内外の研究者を招いて開催しており、バイオイメージングに関する生命科学・基礎医学の研究成果の発表などを行っております。今回で5回めとなることから、「蛍光イメージング」にとどまらず、広義の「イメージング」の分野の最前線で、精力的に研究を行われている方々に講演をお願いいたしました。
 今回の各演者の主な研究・講演内容としては、クライオ電子顕微鏡(極低温下での透過型電子顕微鏡)、免疫電子顕微鏡、そしてX線自由レーザーでの観察といったところとなります。あわせて、本年度より当センターが参画することとなりました、先端バイオイメージング支援プラットフォーム:ABiSの活動報告も行いました

 * 各講演者の氏名につけているリンクは、所属研究室のWebサイトとしております。
 また画像をクリックしますと、パンフレット(PDFファイル:622kb)が開きます。


第5回 蛍光イメージング・ミニシンポジウム
  • 日程: 2016年9月30日(金曜) 13時30分
  • 場所: フロンティア応用化学研究棟 1階 セミナールーム
※今回の会場は、電子科学研究所ではありませんので、ご注意ください!

13:30 - 13:35 開会挨拶

13:35 - 14:15 招待講演1 東京大学 大学院医学系研究科 教授 吉川雅英
 演題: クライオ電子顕微鏡で見る繊毛の分子構築メカニズム

14:15 - 14:55 招待講演2 北海道大学 大学院医学研究科 教授 渡辺雅彦
 演題: シナプス分子のイメージング:神経組織化学の要点

14:55 - 15:15 休憩時間

15:15 - 15:45 講演 北海道大学 電子科学研究所 ニコンイメージングセンター センター長 根本知己

 演題: 先端バイオイメージング支援プラットフォームおよびニコンイメージングセンターの活動状況について

15:45 - 16:25 イメージングセンター利用者の講演 北海道大学 電子科学研究所 助教 木村隆志
 演題: 先端的X線光源を利用した細胞イメージング技術の開発

16:25 - 17:05 協賛企業による講演
 浜松ホトニクス・ ニコンインステック

17:05 - 17:10 閉会挨拶

17:30 - 懇親会 (工学部食堂 2階)



2016/09/14

 9月29日(木曜)に、顕微鏡とソフトウエアの初級者向けの講習会を行いました(どちらの講習も、説明はニコンの担当者によるものです)。

 午前の「顕微鏡の正しい使い方」講習会では、正立顕微鏡を実際に使用して、顕微鏡の基本操作や、知っているようで知らない調製法、そして顕微鏡の清掃方法などを、実際に正立顕微鏡を使用して説明いたしました。
 午後の「画像取得後の機能解析」講習会では、ニコン製の画像取得・解析ソフトウエアの「NIS-Elements」で、画像解析の講習を行いました。こちらでは、実際にNIS-Elementsを操作しながらとなります。


 今回の講習は、主に初級者が対象となっておりますので、これから顕微鏡を使ってみたいけれども、いきなりではちょっと心配で…と思われます方には、またとない機会と思われますので、ぜひ参加を検討くださればと思います。9月23日(金曜)までに、当センターまでお問い合わせください。
 ただし、顕微鏡やソフトウエア(パソコン)の台数の関係上、定員は6名(申込の先着順)となっております。そのため、例えば1研究室からの参加希望者が多い場合は、こちらで人数を限定させていただく可能性もございます。よりさまざまな方に受講してもらいたいところでございますので、申し訳ございませんが、あらかじめご了承くださいませ。

 *左右の画像をクリックすると、別ウインドウで内容の詳細が記されたPDFパンフレットが開きますので、ぜひご覧ください。


2016/08/30


 当センターの紹介動画に、「先端イメージング支援:ABiS」の件などの追加修正を行いました。[ギャラリー:紹介ムービー]から、ご覧ください。半年前のムービーファイルからも、更に30秒ほど長くなってます…。


2015/06/17

 昨日に販売されたばかりの書籍「初めてでもできる!超解像イメージング」(羊土社)を購入しました。

 超解像顕微観察法は非常に注目されておりますが、要は「従来の顕微鏡の光学分解能以下で観る」手法ということで、さまざまな方法が提案されております。それらをまとめた書籍としては、おそらく初めてのものとなると思われますので、各超解像観察方法の比較や特色をつぶさに把握することができるかと思われます。当センター担当の根本・大友も、1章を執筆しております。

 また、共焦点顕微鏡で試みる超解像観察(デコンボリューションとの組み合わせ)、通常の「蛍光顕微鏡」で超解像イメージングの試み(1分子局在イメージングの行い方)、ひいては1分子局在観察の顕微鏡の自作方法など、実際の観察方法のノウハウも載っており、これらは超解像観察にとどまらず、日常の顕微観察においても非常に参考となるところが多いと思われます。ぜひご覧になってくださればと思います(ただし、この本を貸すことはできません)。

また[機材]に、アンドールテクノロジー社がご提供のcMOSカメラ Zyla 5.5を追加いたしました。


2016/04/11

 [リンク]に、先端バイオイメージング支援プラットフォーム:ABiSを追加しました。
 こちらは国内の先端イメージング支援を目的として、先端イメージング機器を運用する大学・研究法人が連携するプラットフォームで、平成28年4月より開始いたしました。当センターでは対応できないようなイメージング事例(光シート顕微鏡を使いたい…など)でも、連携大学等の設備を利用可能ですので、興味のある方は、まずはぜひご検討ください。


2016/03/31

 当センターの、現在のStation-1の共焦点顕微鏡は、研究所がこちらに移設してからの約7年半の間、非常に多くの方の利用がありました(当センターあるいは当研究所が、以前は12条の中央研究棟の位置にあったことを知らない方も増えていると思います)。そのため唯一のガスレーザーのアルゴンレーザーは、最近は起動にやや時間がかかり、出力も低下してくるようになりました。最も使用頻度の高い波長帯域であるにもかかわらず、このままではある日突然使えなくなる懸念も現実味を帯びてきましたので、このたびレーザーの交換を行いました。
 アルゴンレーザーから半導体レーザーへの交換となりますので、長期にわたって安定した出力が期待されるところですが、従来のアルゴンレーザーは457nm,488nm,514nmの3種の励起が可能だったものの、半導体レーザーでは488nmのみとなります。そのため、457nmと514nmで観察を行っていた方には、ご不便をおかけすることとなって申し訳ございませんが、なにとぞご理解のほどを、よろしくお願いいたします。また488nmで観察を行っていた方も、最大出力が従来のレーザーと異なるため(およそ半分程度になります)、観察の際にはレーザー強度の再確認が望ましいところです。

 またこちらにあわせて、Station-1の画像取得・解析ソフトウエアのNIS-Elementsを、最新バージョンにアップデートしました。こちらですとオリジナル形式データを、モノクロ(16bit)TIFファイル, 各チャンネルのカラーのTIFファイル, 重ね合わせたTIFファイルへの変換を一度に行えます(しかも複数のファイルを同時に出力できます)。
 今までは、変換したい形式のカラー画像の複製を作って保存し、しかもその作業をすべてのファイルで逐一行わざるを得なかったところですので、データーのお持ち帰りが非常に容易になると思われます。


2015/12/28

 本年も、多くの方がご利用くださり、誠にありがとうございます。引き続き、来年もよろしくお願いいたします。

 さて今年末・来年始の当センターは、以下の日程で一切の利用ができません。

 12月29日(火曜)〜1月3日(日曜)

 年明けは4日より通常活動しておりますので、ぜひご利用ください。


2015/11/18

 

 協賛企業の日本分光の輸出入担当会社であるジャスコインタナショナルの協力により、卓上タイプの走査型電子顕微鏡(SEM)のデモを行うこととなりました。

 今回設置予定の、フェノムワールド社で販売の「卓上走査型電子顕微鏡シリーズ(Desktop Scanning Electron Microscope)」は、実験机に設置できるほどコンパクトで(サイズは、パンフレットからもご推測できるかと思われます)、タッチパネル操作で使いやすい機種です(最上位機種の"proX PREMIUM"を予定)。低真空で観察できるため、帯電しやすい試料でも前処理は不要とのことですので、スピーディーにSEM像が取得できるかと思われます。

 今回のデモ機の設置は12月1日限定となりますが、ご興味がございますならば、ぜひご検討ください。

(画像をクリックすると、別ウインドウで1M程度のPDFファイルが開きます。またこちらのフェノムワールド社の機器紹介では、取得のSEM画像例なども掲載されております)



2015/11/13

 11月19日(木曜)に、当センターと研究所のトップランナーコラボレーション事業との共同開催により、"Top-Collaboration Support Project International Lecture also as MIC@HU Lecture"を開催いたします。こちらはイメージングに関連する3名の研究者を海外から招聘しての講演となります。
 このトップランナーコラボレーションは、学生や若手研究者への更なる教育・研究力の向上を目的とした大学・研究所の活動の一環で、今回は世界最先端の研究者による大学院生などへの講演が主ではありますが、聴講は学生に関わらず、どなたでも可能です。またとない機会ですので、興味のございます方はぜひご参加くださればと思います。

* 講演者の氏名のリンクは、講演者/研究室のWebサイトです。講演者の研究の詳細などを、ぜひご確認くださればと思います。


Top-Collaboration Support Project International Lecture also as MIC@HU Lecture
  • 日程: 2015年11月19日(木曜)
  • 場所: 電子科学研究所 1階 会議室
  • 総合司会: ニコンイメージングセンター特任助教 大友康平

14:00 - 14:05 開会挨拶 電子科学研究所 教授 根本知己

講演1
14:05 - 15:05 U. Valentin Nägerl, Professor, University of Bordeaux
 "Imaging neurons and synapses at the nanoscale by STED microscopy"

15:05 - 15:15 コーヒーブレイク 1

講演2
15:15 - 16:15 Peilin Chen, Research Fellow, Academia Sinica(Taiwan)
 "Nanoparticles for in vitro and in vivo Optical Imaging"

16:15 - 16:25 コーヒーブレイク 2

講演3
16:25 - 17:25 Patrick Sanet, Professor, University of Bourgogne
 "The free-energy landscape: an unifying concept to understand protein dynamics"

17:25 - 17:30 閉会挨拶 電子科学研究所 教授 小松崎民樹

※こちらの講演会の予稿(アブストラクト)は、PDFファイル(600kb程度)でご覧になることができます。


2015/11/04

 ニコンイメージングセンターとナノテクノロジープラットフォーム事業は、ともに北海道大学・電子科学研究所内にあって全国の研究者へ最新設備の提供を行っております。このたび11月20日(金曜)に、この両者と物質・デバイス領域共同研究拠点、ならびに日本分光学会・生細胞分光部会との共同開催で、学術講演会を開催する運びとなりました。
 この講演会では、両者の活動報告や研究者による利用事例の発表に加えて、最新のイメージング技術の紹介などを行います。どなたでも申し込み不要でご覧になれますので、ぜひ奮ってご参加くださいませ。

「ナノテクノロジープラットフォーム事業」とは、ナノテクノロジーに関する最先端研究設備の、全国的な共用体制構築を目的とする文科省の事業です。北大では最先端の微細加工・微細構造解析に関する研究・技術・製品開発の支援を行っております。当センターと同様に、先端機器の利用やそのノウハウの提供、データの解析に至るまで、総合的な支援を受けることができます。

* 各講演者氏名につけているリンクは、研究室のWebサイトです。講演者の研究の詳細などを、ぜひご確認くださればと思います。


学術講演会のスケジュール
  • 日程: 2015年11月20日(金曜)
  • 場所: 電子科学研究所 1階 会議室
  • 総合司会: ニコンイメージングセンター特任助教 大友康平
  • 共催:ナノテクノロジープラットフォーム事業
       物質・デバイス領域共同研究拠点
       日本分光学会・生細胞分光部会

13:30 - 13:35 開会挨拶 北海道大学 教授・総長補佐 網塚浩

13:35 - 13:50 ニコンイメージングセンター・ナノテクノロジープラットフォーム事業の報告
    電子科学研究所 ニコンイメージングセンター センター長 根本知己

学術講演1
13:50 - 14:25 東北大学 多元物質科学研究所 教授 佐藤俊一
 演題: ベクトルビームによる高分解能顕微鏡開発の進展

14:25 - 15:00 東京工業大学 資源化学研究所 教授 久堀徹
 演題: 光合成制御に重要な生体内酸化還元状態の可視化技術の進展

15:00 - 15:15 コーヒーブレイク 1

協賛企業による講演
15:15 - 16:00 五稜化薬 ・ ニコンインステック ・ 浜松ホトニクス
(各社15分の予定)

学術講演2
16:00 - 16:35 基礎生物学研究所 准教授 村田隆
    (北海道大学 電子科学研究所 拠点COREラボ 客員教授)
 演題: 2光子スピニングディスク共焦点顕微鏡によるマルチカラー3Dタイムラプスイメージング

16:35 - 16:50 コーヒーブレイク 2

16:50 - 17:25 九州大学 先導物質化学研究所 教授 木戸秋悟
 演題: 幹細胞の品質保持操作のためのメカノバイオマテリアル

17:25 - 18:00 大阪大学 産業科学研究所 教授 永井健治
 演題: Bioimaging with genetically-encoded fluorescent and chemiluminescent proteins
(*ご存じの方も多いかと思いますが、永井教授は前任の当センター担当教員になります)

18:00 - 18:05 閉会挨拶 電子科学研究所 教授・所長 西井準治

18:30 - 研究交流会 (創成科学研究棟 レストラン・ポプラ)



2015/10/20

 以下の日程で、当センターは通常通りの利用ができません。

  • 10月22日(木曜) 開始時刻が10時半〜11時半
    この時間帯には、創成棟や当研究所を中心とした避難訓練があり、来訪者も含めた即避難が原則必須となっております。この時間帯の利用は不可能ではありませんが、早めに(10時半まで)お越しくださいませ。

  • 10月29日(木曜) 開始時刻が13時半〜15時
    この時間帯には別業務が入っていて不在となるため、施錠をして席を外します。機器利用に慣れている方ならば利用が可能ですが、こちらも早めにお越しくださいませ。

  • 11月4日(水曜)、および11月10日(水曜)〜11日(木曜)の終日
    当センタースタッフが全員、所内主要行事やシンポジウム参加で完全に不在となります。また11月9日の午後も利用は可能ですが、準備などで通常の対応ができない可能性も高いです。
    そのため、解析やデーターの取り出しなども含めて、原則として全ての利用ができません。

 ご不便をおかけして申し訳ございませんが、あらかじめご了承くださいませ。
 ご不明の点などがありますなら、お問い合わせください。


2015/09/08

 先週に開催の、JASIS:分析機器・科学機器展示会 2015では、当センターのブースは幕張メッセの一番端のホールの、更に隅であったにも関わらず、多くの方がお越しくださりました。ありがとうございました。




2015/08/17

 当センターの協賛企業のライフテクノロジーズ社が、[サーモフィッシャーサイエンティフィック]への完全移行に伴ってURLが変更となったため、各所で修正を行いました。


2015/07/14

 当センターではニコンインステック社との共催により、「第4回 蛍光イメージング・ミニシンポジウム」を7月31日(金曜)に開催いたしました。総勢で49名が参加となり、大盛況となりました。

 * 各講演者の氏名につけているリンクは、所属研究室のWebサイトとしております。
 また画像をクリックしますと、パンフレット(PDFファイル:622kb)が開きます。


第4回 蛍光イメージング・ミニシンポジウム
  • 日程: 2015年7月31日(金曜) 13時30分
  • 場所: 電子科学研究所 1階 会議室

13:30 - 13:35 開会挨拶 ニコンイメージングセンター センター長 根本知己

13:35 - 14:05 講演1 東京大学 大学院医学系研究科 助教 神谷真子
 演題: 自発的ブリンキング機能を有する超解像イメージングプローブの開発

14:05 - 14:35 講演2 愛媛大学 大学院医学系研究科 助教 大嶋佑介
 演題: 広視野で深部観察を可能にする2光子励起ライトシート顕微鏡の開発

14:35 - 14:50 コーヒーブレイク 1

14:50 - 16:20 協賛企業による講演 (各10-15分)
 
アンドール テクノロジー ・ 五稜化薬 ・ 浜松ホトニクス
 ニコンインステック ・ プロメガ ・ 横河電機

16:20 - 16:35 コーヒーブレイク 2

16:35 - 17:05 講演3 北海道大学 創成研究機構 特任助教 上原亮太
 演題: 細胞が正しく2つに分かれる仕組み

17:05 - 17:35 講演4 北海道大学 先端生命科学研究院 助教 北村朗
 演題: イメージング手法を用いた神経変性疾患関連タンパク質封入体の形成機構解析

17:35 - 17:40 閉会挨拶 基礎生物学研究所 准教授 村田隆

18:00 - 懇親会 (創成科学研究棟 レストラン・ポプラ)



2015/05/21

 

ブルカー社の生体試料観察用AFM(原子間力顕微鏡;プローブ探針がサンプルの表面形状を観察)「BioScope Resolve」は、倒立顕微鏡の上にAFMユニットを設置してAFM観察を行います。そのため、AFM観察と蛍光観察を同時に行うことが可能です。
 当センターではこのデモ機を7月に設置予定で、それに先立ってAFMセミナーを開催いたします。AFMにご興味がございますならば、まずはぜひセミナーへご参加ください。
(画像をクリックすると、別ウインドウで1M程度のPDFファイルが開きます)


  • 日時: 2015年6月9日(火) 13時30分と16時00分(2回ありますが、どちらも内容は同じです)
  • 場所: 電子科学研究所 1階 セミナー室3

  • 特別講演: 北海道大学 大学院歯学研究科 本郷裕美様
  • タイトル: 「AFM観察 - 骨組織の微細構造解析への応用」


[2015年4月以前のお知らせ]はこちらになります。
ページトップに戻る