FAQ:質問と回答

  1. NIC@北大の機材を利用するにあたり、必要な条件などはありますか?

  2. 全くの初心者なのですが、利用にあたってサポートをしてもらえますか?

  3. 顕微鏡やカメラの購入に際して、相談にのってもらえますか?

  4. 取得した画像やデータを利用するときは、許可などを得る必要はありますか?

Q1. ニコンイメージングセンター機材を利用するにあたり、必要な条件などはありますか?

A1. 国内の研究者で、研究開発や教育への活用が目的であれば、大学・企業などに関わらず誰でも機材を使用することができます。
また水産学部の方や他の大学の研究者、あるいは各企業で研究開発に携わる方など、札幌は距離が離れていて頻繁には来られない、または忙しくて観察に時間を割くことができないような場合は、当スタッフが皆さんに代わって試料の観察を行う「委託分析」も可能です。

機材の使用を希望する方、または質問などがございます方は、[利用方法]から、または[連絡先]からお問い合わせください。まずは顕微鏡などの設備を見学したいという場合でも、ぜひお問い合わせの上でお越しください。
利用にあたっては、[各種の注意・禁止事項](PDFファイル)を、観察した画像や各種データの使用方法に関しては、[Q4. データの取り扱いに関して]もご確認ください。



Q2. 全くの初心者なのですが、利用にあたってサポートをしてもらえますか?

A2. もちろんです。当センターの利用にあたっては、イメージングセンターのスタッフがイメージング技術に関する相談にのり、顕微鏡の操作方法、ソフトウエアの使用方法なども、一から説明いたします。利用にあたってご不明の点がございますなら、随時お問い合わせくださればと思います。
ただし、当センターの利用を前提としない一般的な質問や(一例として…大学生がレポートの作成を目的として尋ねてくる場合)、当センターにはない機材(他社の顕微鏡の使い方の相談や比較など)の問い合わせなどに関しては、お受けできず、返答さえ何も行わない場合もありますので、あらかじめご了承ください。
当センターの利用にあたっての注意点は、[各種の注意・禁止事項](PDFファイル)を、またサンプルの持ち込みについては、[サンプル持ち込み方法と注意点]を、あらかじめご覧になって参考としてくださればと思います。



Q3. 顕微鏡やカメラの購入に際して、相談にのってもらえますか?

A3. はい。スタッフがイメージングに最適な機材についての情報を提供いたします。
また、購入前に当センターの各機材で自分のサンプルを試しに観察してみることも可能です。



Q4. 取得した画像やデータを利用するときは、許可などを得る必要はありますか?

A4. イメージングセンターで観察したデータで学会発表や論文作成を行う際には、
“北海道大学ニコンイメージングセンターにて観察”と記載したり、謝辞などで触れてくださった上、その旨を連絡くださるよう、お願いいたします。また論文作成の際などに、機材などの情報などが必要になりましたら、いつでもお問い合わせください。
こちらに論文での機器記載・謝辞の記載例を記載いたしますので、例としてご参考としてください。

ただし謝辞は、皆さまの研究の進展に寄与できた“イメージングセンター(全体)に対して”のものとなると思われますので、直接に携わった私たちスタッフだけではなく、機材などを提供くださっている各協賛企業のご尽力にも大いに由来するものとなります。

従って文例にもございますように、私どもスタッフの名前は記載されませんよう、よろしくお願いいたします。